レビューは

レビューで評判の精力増強剤の効果なんて効果などを記したブログやレポートもあるけれど、女性が男性用の精力剤や勃起改善薬を服用したらどうなるのかしら。
この仕事に携わる前にいわゆる男性用の勃起改善薬を妻子持ちの彼にコレ飲んでみてと渡されたのが、【レビトラ】だったけど2人で1錠ずつ服用してみたの。

で、結果は男性用を女性が使っても萌える事が解ったから、媚薬を中心に治験のお仕事も始めたの。

でも、女性の場合は男性器みたいに目に見えた変化は解からない場合が多くて・・・。
カラダがほてってくるような感じがするわ。

そもそも媚薬とは、狭い意味だと催淫剤という勃起不全の治療で使用される薬のことをいう。
広い意味だと、性欲を高める作用のある薬や恋愛感情を高めるようなくすりのことも含まれるよう。

このように媚薬って全般的に性的興奮を高める薬のことだけど、催淫剤としては女性用だと【フリバンセリン】などが知られている。
同じ薬が男と女の両方に効くこともしばしばあるから、【ヨヒンビン】や【ストリキニーネ】など、性器の充血を昂進させる働きを持つ成分もあるわ。

また、【アンドロゲン】【エストロゲン】【ステロイドホルモン製剤】といった【性ホルモン剤】のなかには、性器の成長を促す働きがあり、性欲を増進させることもあるとされているの。
また【民間の伝承薬】のなかには、漢方薬や生薬がそうなんだけど、言い伝えや経験から効用や有効となる成分と考えられているものもあるのよ。

歴史をみると、古代バビロニアには【リンゴ・ザクロ】が、ギリシャ・ローマ時代では、【イチジク】が媚薬的なものとして重宝されたみたい。

古代の精力剤メジャーな成分